上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7305.jpg


ペコス・グーフィーのロープ・トリックショー。
ついに、その練習成果を見せる時が。


7306.jpg
「……さあ、皆さん。待ちに待った、この日がやってきました。」

舞台に立って、紹介をするサム。
ようやく、グーフィーの出番です。
長いこと掛かりましたが、この演目(=投げ縄)こそが、やっぱり、今回のショーの中での 最大の
見せ場になるのでしょう。

「この、ワイルド・ワイルドウエストで 一番のカウボーイが、これから素晴らしいロープの
妙技を見せてくれます!」


7307.jpg
『ペコース ・ グ―――フィ―――――!!!!!!!』



7308.jpg
ぴょ―――ん


7309.jpg
今回は、無事に登場したようです。
いや、普通なら そんなの当たり前なんですがw


7310.jpg
でも、なんだか、かなり堂々とした様子で、かっこいい。
舞台の裏で練習を重ねて 自信がついたのかもしれません。


7311.jpg
大きく縄を回し始めるグーフィー。
頑張れー。


7312.jpg
リズミカルに、縄を回す姿が様になっています。
そして、思いきり遠心力をつけて………。


7313.jpg
遠心力をつけて……………!?


7314.jpg
スパ―――――――――ン☆

グーフィーの手からすっぽ抜けて、後ろの看板に気持ちよくヒットする縄。


7315.jpg
(あれ、縄は……………?)



7316.jpg
ガタン。

え。



7317.jpg
……か………看板がっ!!!?

縄が当たった衝撃で、傾いてしまったらしい。


7318.jpg
焦って、落ちている縄を拾おうとしているグーフィー。


7319.jpg
あ……でも、どうしよう、看板はっ……!!?

動揺しすぎて、もう何をしていいのか分からないw


7320.jpg
そんなことをしてるうち、ライトも音を立てて下がってきます。
さらに……。


7321.jpg
バサ――――――。

あひょっっっ。


7322.jpg
舞台の上に干してた  洗   濯   物   が ww

何故、そのような所にw という疑問は一応、置いておくとして、
下がってきた洗濯物の中には、グーフィーのパンツも混じっています。
これは恥ずかしい。


7323.jpg
さらに、背景用のサボテンや………。


7324.jpg
馬の書き割りなどが、次々と倒れてきて………。


7325.jpg
……………………………………あひょっ。


7326.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わずかの間に、舞台はここまでめちゃくちゃに。
(この間、10秒あまりという、記録的破壊力)



7327.jpg
…………ああ………………。

嵐が去った後のような、悲惨な状態になってしまった舞台を、茫然と見つめるグーフィーたち。
今度こそは、大成功させるはずだったのに、傾いたペコス・グーフィーの看板が物悲しい。


7328.jpg
グーフィー「ああ、もう どうして上手く出来ないんだろう!?」



7329.jpg
グーフィー「…………………。」

伝説のカウボーイとして、かっこよく決めたい一心で、頑張っていたのに。



7330.jpg
グーフィー「………………………………。」



7331.jpg
本格的に落ち込んでしまったグーフィー。

縄を投げれば自分がからまり、ケーキを焼けばオーブンごと爆発させ、
どんなに練習しても、このようなかっこ悪い失敗に終ってしまうとあっては、
自分が惨めにもなるというものです。


7332.jpg
「……がっかりしないで、グーフィー。」

背中を丸めて泣いているグーフィーに声をかけるサム。



7350.jpg
「このショーがスタートして、君がここにいるだけで、それが素晴らしいことなんだよ。」




7334.jpg
皆、君ガ 大好きナンダ。

デュークも、力強く言葉を添えます。


7335.jpg
……………………………………………………!!!



7336.jpg
グーフィー「………ホントにっ!!!!!!?」




本     当      だ     と     も。




7337.jpg
観客席から贈られる拍手を、耳を持ち上げて聴くグーフィーw↑



7338.jpg
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ v

レストランの中に 鳴り響く拍手。


7339.jpg
ぐすん。

よかったね。


7340.jpg
で、でも………………、でもでもっ!!!


7341.jpg
グーフィー「ボクはみんなに、ホントのワイルド・ウエストを見せたかったんだよ。」


7342.jpg
深く肩を落とすグーフィー。
拍手を受けて立ち直ったかに見えたが、意外と、全然立ち直ってないぞw


7343.jpg
「………………………………。」

そんなグーフィーを見て、デュークが、英語で何事か言い始めます。


7344.jpg
「手伝うよって、どうやって? How can you ? 」

サムの言葉で、どうやらデュークが、グーフィーの為に何とかしようとしているらしい事は
分かるのですが…。
(グーフィー自身は、やや蚊帳の外w)


7345.jpg
ともかく、彼には、何か考えがあるようです。
レビューを本領とする、彼ら一座に出来ること、それは………。


7346.jpg
「……そうかっ! 分かったよ、 『カンカン』 だねっ!!!!」



7347.jpg
………………………………カンカン???

その時、後ろから、何かものすごいパワフルな気配が。



7349.jpg
キャ―――――――――――――!!!!!!!!! v v v v v

グーフィー「!!!!??」


しめっぽい男たちの空気など、蹴り飛ばすかのように 陽気で豪快な女の子たちの登場ww
グーフィーと、この舞台の行方は?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。