上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8040.jpg


ミニーのトロピカル・スプラッシュ。
今年の夏は、熱く燃えました。


8041.jpg
華やかなフルーツの女王、ミニー。


正直に告白します。
『今年のシーは、ミニー・デイジー・クラリスのガールズが主役!』 と聞いたとき、
最初は、 工エエェェ(´д`)ェェエエ工  と、思ってしまいました。

もちろん、ガールズが嫌いなのではなく、ただ単に これまでの慣習から、
『シーの水撒きは、男キャラたちが馬鹿騒ぎする場であってほしい!』という、
超個人的な希望があったからです。


『ミニーのトロピカル・スプラッシュ』かあ……。
『ミニーの』ねえ…………。
ここまではっきりとした名前がついてる以上、観客の注目は、全てガールズが華やかに
かっさらっていって、ミッキーたち男子は それを地味~に手伝う感じなのだろうか……。

楽しみよりも、不安の方がやや勝った状態で、私のトロピカル・スプラッシュ観賞は始まりました。
まず、初見は全体を把握する為、リドアイル後方の橋の上から。
ほとんど水は掛かることのない、遠距離からの見物です。


8042.jpg
いかにも主役!な感じの、カラフルで立派なフルーツ船に乗ったガールズ。

話の内容も、やはり女子上位な気配w
ミッキーたちが 頑張って大事に育てたフルーツで、ミニーたちがカーニバルをするらしい。
ガールズは、そのカーニバル・クイーンという役割です。
とにかく、女子船は豪華で目立つし、存在感があります。


8043.jpg
それに比べてしまうと、水撒き係のミッキーたち男子勢は、どうにも地味な感じw

一人一人、趣向を凝らしたドレスを身にまとったガールズと違い、緑色のお揃いの衣裳が
裏方的な雰囲気を醸しだしています。
湖をぐるぐる周回し、時折、姿を現しては、水を撒いていくという印象で、存在感は
あまりないように感じました。


…………………んが、しかし!


8044.jpg
ショー後半で、私にとっては意外だったことに、男子たちが上陸!

見る前の想像では、各スプラッシュエリアでは、女子が上陸するのかと思っていました。
遠くから眺めていると、リドアイル担当はドナルド、ミッキーとグーフィーは長距離移動、
チデは、ザンビ側担当かな? という感じ。

ずっと船の上で優雅に踊っている女子に比べ、男子の地上で働いてる感が半端ないw
そして、結局最後まで、女子は上陸はありませんでした。

見終わった結果、
「男たちの馬鹿騒ぎ」とは 違う趣向ではあるものの、思ったほどのガールズ主体のショーでも
なさそう……という印象。
特に、男子の 「上陸&スプラッシュエリアでの扇動」があると分かっては、これは、
近くで見てみないことには始まりません。


………というわけで、次の観賞は、ロミオ前付近の柵沿いにやってきました。
スプラッシュ・エリアではありませんが、ここなら多少、船からの水も掛かるはず。


8045.jpg
キャラたちの船が近い!


8046.jpg
ダンサーさんたちも、ここで始めて間近で見ました。
力強さもありながら、とても可愛らしい。


8047.jpg
ガールズも、だいぶ近くなりました。
今度は、下から見上げる感じ。


最初は耳慣れなかった音楽も、2回目には少し慣れてきて、
『バ! バ! バナナ!!』 や 『来い! 来い! 来い来い来い!!』と、他の観客や
ダンサーさんたちと 一緒になって騒ぐのが、だんだんと楽しくなってきます。

さて、今度は移動するミッキーが、間近で見られるはずだが……と思っていると。


8048.jpg
来た来たあぁぁぁ!!!!

場所柄、あっと言う間に通り過ぎていきましたがw、キャラがこんなにも近くを通るというのは、
やはりテンションが上がる!!
動悸も乱れる!!


8049.jpg
しばらくして、今度は反対側からグーフィーが!!

写真を観て頂くと分かるかと思いますが、キャラの通る道は、めちゃくちゃ狭いので、
皆、いとも簡単にタッチ出来ます。
(移動に急いでる時は、出来ないときもあるが)

私も、グーフィーの手には、しっかりタッチしてきました。
ここまで来ると、遠くから見ていた時には あれほど強かった女子の存在感が、ちょっと和らいできます。
やっぱり、近くで見たり触れ合えたりする興奮にはかなわない。


さて、各男子キャラは、全員、それぞれ持ち場があります。

8050.jpg
ドナルドは、リドアイル。


8051.jpg
チデは、ザンビ及びエンポーリオ前。


8052.jpg
グーフィーは、ロミオ前付近。


8067.jpg
ミッキーは、ミッキー広場。

このように、ヲタはしっかりと住み分けが出来るようになっているというw


8054.jpg
ダンサーと観客の距離が近いのも、ハーバーショーの魅力です。
皆、すごく楽しそう。


8055.jpg
上陸こそありませんが、よく見ていると、ガールズのダンスもかなり可愛いです。

動きにどうしても制限が出てきますが、もちろんアドリブもあり。


8056.jpg
覗き見ガールズ。


8057.jpg
やはり、300mmくらいの望遠は欲しい……。(自分のは200mm)
でも、レンズがしっかりしてれば、ガールズは遠くからの撮影の方が
いいような気がします。


8058.jpg
一方、水を撒いたり 上陸したりと、働きながらも 楽しそうな男子たち。


8063.jpg
シーの夏の水撒きといえば、やっぱりチデ。(たとえ主役でなくても)
こんな近くで触れ合える日が来ようとは。


8064.jpg
グーフィーも 近い近い! v


8068.jpg
直にバケツで水を撒く、この迫力!!

そりゃあ、ずぶ濡れにもなるってもんです。
さらに、今回はなんと、キャラがバケツで水を掛けるシーンも。


8059.jpg
水がたっぷり入ったバケツを渡されるミッキー。


8060.jpg
「さあ、掛けちゃうよ~!!」とばかりに、バケツを構えます。
当然、観客は皆、ミッキーに水を掛けられたくて大騒ぎ。


8061.jpg
せ―――――――――――――――――――のっ!!!


8062.jpg
ダ――――――――――――――――――


ワロタwww


期待しているゲストを前に、なんというイケズww


8065.jpg
ん~……… v

8066.jpg
ペチペチペチペチ☆


とにかく、遠くから見るのと 近くで参加するのとでは、印象がまるっきり違います。
遠くからだと、あれほど存在感のなかった男子たちが、スプラッシュエリアにおいては、
逆の印象。

CDを買って歌詞を見てからは、ますます、その感じは強くなりました。
そして、自分は、どんどんこのショーにハマるようになっていきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。