上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0001d.jpg


えーと、こんにちは。
生きてます。


つい最近まで、マジックキャッスル廃人として、家にこもっておりました。(本質はインドア派)
その間、14年程連れ添ってきた愛PCが、ついにお亡くなりになったりと、まあ、いろいろありました。


ブログトップに、一か月以上更新がないと出てくるスポンサーサイト広告を眺め、
ああ、いかにも放置サイトって感じでみっともねえなあと思いつつも、特に何もしない日々。

最近では インの回数も激減してるので、もう最新の話題やショーなどには、
全くついていけてません。

0002d.jpg
これも、去年のやつなw

でも、このサイトに リアルタイムの新情報を求めてくる人など 皆無であることは分かるので、
今後は、過去に撮った写真を中心に、ゆるゆる更新していきたいと思います。



さて、今回はせっかくなので、マジックキャッスルの話をば。
以下は、ゲームの話になりますが、ご容赦下さい。


シールも100枚集め終え、ミッキーやミニーからもらったスターメダルで杖を作った私の
当面の目標は、グーフィーのステッキ作りでした。
グーフィーステッキは、杖にグーフィーの帽子がくっついているという、グヲタなら冒険に持ち歩きたい、
見るからに可愛い一品。

でも、杖の材料である グーフィーメダルを もらえる条件がハードすぎて、挫けそうになりました。


毎日、朝と夜と2回、デパートを覗いてましたが、レア家具の出現率が低すぎです。
せめて、テーブルなどの大きい家具系は、3種類並ぶようにして欲しかった……。


まあでも、なんとかグーフィースターステッキを作り上げ、不安と期待にドキドキしながら、
フィールドにさっそく出てみました。
不安というのは、こんなに頑張って、使いにくい杖だったらどうしようという不安です。

それまで使ってたミッキー杖は、自分には結構使いやすかったので、それを上回る使い勝手のいい
杖だったら、と思っていたのですが


0003d.jpg
グーフィーステッキ(画像はイメージです)



これまでの中で、類を見ない 使いにくさ orzorz


それまでに愛用していたミッキーのステッキは、自分を中心として、円型に広がっていく放射範囲なので、
敵を引きつけて、とにかく連射してれば、勝手に敵が倒れていってくれました。

でも、グーフィーの必殺技は、なんといったらいいのか、敵に当たりません。
しかも、必殺技を出す前に 一回転するため(するな)、技が発動するまでのモーションがすごく遅い。
焦りから、めちゃくちゃに杖を振り回していたのですが、すぐに敵に囲まれボコボコにされてしまいました。


どっ、どうしよう。
グーフィー杖を愛用して持ち歩くという、私の計画は!!


ここでとるべき道としては、二択。

1. グーフィー杖はあきらめ、使いやすいミッキーの杖を使う。
2. グーフィー杖もろとも、盛大に自爆する。


とても迷いましたが、ここは愛を優先して、グーフィー杖に慣れるという方針でいくことにしました。


そう決めて、まずグーフィーの必殺技をよく見てみると、ミッキーの魔法放射範囲と軌道が全く違う。
グーフィーの必殺技は、地走りのように雷が地面を伝っていき、遠くで落雷するパターンです。

……ってことは この技、ターゲットから離れて使った方がいんじゃね?


試しに、ちょっと敵から離れて 必殺技を放ってみると…………おお、当たる当たる!!

グーフィーの技の軌道は、広がらずに一直線なので、敵の方向に向けて正確に発射する必要がありますが、
何度も使っているうちに、だいぶグーフィーステッキの変なクセに慣れてきました。

ミッキー杖が 近距離型なら、グーフィー杖は 中距離~遠距離型。
「なるべく遠く離れた安全な場所から、攻撃する」
それが、ポイントなのではないかと思うのです。


0005d.jpg
なるべく遠く離れた 安全な場所から、攻撃する(画像はイメージです)


そして、扱いなれてくると、以外にこの攻撃が効く相手がいることもわかってきます。

アラジンワールドの一番最後のエピソードに、巨大なレンガ人形みたいな大ボスが出てくるのですが、
川をはさんだ対岸に そいつはいる為、こちらは近づけず、必殺技もあまり届きません。
でも、グーフィーの遠距離攻撃だと、ガンガン当たる。
そいつに限っては、ミッキー杖より、はるかに楽に倒すことが出来ました。


今となっては、必殺技の出方にも慣れたので、毎回の冒険にも愛用していますが、
まあ、それでもグーフィーステッキが 使いにくいことには、変わりはありません。

入手しにくい上に 使いにくい、グーフィー杖。
なぜ、そこまでグヲタの愛が試される仕様なのか よくわかりませんが、逆にそれで
燃え上ってしまう人も、多いのではないでしょうか。


0004d.jpg
しかし、ミニーのカチューシャの種類の多さは、ちょっと意味不明w
毎日、つけかえろというのか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。