上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0009d.jpg


年の瀬の、大仕事。


【今年最後の】

0010d.jpg
ジミニー「さ~てと。じゃあ、そろそろ帰りましょうか。」
ゼペット「ん? 何をやっているんだ、あのキツネは?」

                     ↓

0011d.jpg
ファウルフェロー「へっへっへ。お前たちがボケッとしてる間に、そこに落とし穴を掘ってやったぜ。」
ジミニー「な…なんだって!?」

                     ↓

0012d.jpg
ファウルフェロー「さあ、来い! 年忘れの大笑いとして、お前たちが 穴に落ちる姿を見届けてやるぜ!!」
ゼペット「なんという、嫌な奴!!」
ジミニー「待って下さい! まずは、この私が行って、安全を確かめてきます!」

                     ↓

0013d.jpg
ジミニー「……………………それっ!!!」

                     ↓

0014d.jpg
ジミニー「オッケー、大丈夫!! ここは、ジャンプで飛び越えられますよ!」
ファウルフェロー「………ちっ、コオロギめ。つまらねえ奴。」

                     ↓

0015d.jpg
ピノキオ「それじゃあ、つぎは、ぼくがやってみるよ!!」
ゼペット「だ……大丈夫なのか、ピノキオ。」
ジミニー「平気、平気! 君なら出来るぞ!」

                     ↓

0016d.jpg
ピノキオ「…………………それっ!!!」

                     ↓

0017d.jpg
ゼペット「ちがうちがう、ピノキオ。穴はそんなところにはないぞ。」
ピノキオ「え? そうなの?」
ジミニー「こっちを飛び越えるんだ、ピノキオ!」

                     ↓

0018d.jpg
ピノキオ「えーと……。ここを、とびこえればいいの?」
ゼペット「本当に大丈夫か? とにかく、気をつけてな。」
ジミニー「いいか、こうだぞ、こう!」

                     ↓

0019d.jpg
ピノキオ「………………………………えいっ!!!」

                     ↓

0020d.jpg
ジミニー「よし、よく出来た、ピノキオ!! 今のは、素晴らしいジャンプだったぞ!」
ピノキオ「わーい、やったね。」

                     ↓

0021d.jpg
ゼペット「残るは、わしだけか……。年を取ってから、こういうのは苦手なのだが…。」
ピノキオ「おとうさん、がんばって!」

                     ↓

0022d.jpg
ジミニー「大丈夫! 危なくなったら、私の手につかまっていいですからね。」
ゼペット「うむ、よろしく頼むぞ。」
ファウルフェロー「(そんなことしたら、二人いっぺんに落ちるんじゃねえか? 別にいいけど。)」

                     ↓

0023d.jpg
ゼペット「よし、いくぞ………………。」

                     ↓

0024d.jpg
ゼペット「せいっ!!!!!」

                     ↓

0025d.jpg
ジミニー「いやあ、良かった! これで全員、無事に渡りきりましたな!」
ピノキオ「おとうさん、だいじょうぶ?」

                     ↓

0026d.jpg
ジミニー「まったく。それにしても、人騒がせなものだ。この穴は、後で埋めておかないと。」
ファウルフェロー「……お? 目を回しているのか じいさん? それなら、さっさと帰らないとな。」 

                     ↓

0027d.jpg
ジミニー「さて! それでは皆さん、さようなら。また、お会いしましょう!」
ファウルフェロー「よしよし、ピノキオ。お前も早く、おうちに帰ろうな。」

                     ↓

0028d.jpg
ジミニー「え………………………………。」

                     ↓

0029d.jpg
バタン

ジミニー「…………………………。」

                    ↓

0030d.jpg
ジミニー「(……………私って、いったい………………。)」


可哀そうw




それでは、皆様、よいお年を。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。